カウンセリングサービスの帆南尚美です。
ブログにお越し下さり、どうもありがとうございます。

お正月はテレビで駅伝三昧でした。

選手たちのタスキを繋げることへの思いや、走ることへの真剣さに心打たれ方も多いのではないでしょうか。

最近は駅伝本番の前に、選手たちがこの一年どう過ごして来たのかについてを扱う番組が別途放送されたりしますよね。

この選手は怪我に泣かされて来たとか、あの選手は思うようにタイムが出ずに苦労したとか、これだけ沢山の練習を一人こなして来たとか、

それぞれのエピソードを知ることによって、より一層選手たちを応援したくなったり、駅伝本番に走る姿を見て、自分の友だちや兄弟であるかの様に必死に声援を送りたくなったりします。

中でもこの選手のエピソードには泣かされた、というものが、人によって違うかもしれません。

感動するエピソードには、苦労や我慢、人知れず努力する様など、何かしら自分を重ね合わせているものがあるように私は思います。

いつもこっそり我慢やら努力を続けているあなただからこそ、わかるものってあると思いませんか?

いえいえ私なんてまだまだ、などと自分がやって来たことを小さく評価しないで、

少なくともお正月くらい、自分を労ってあげませんか。

・・・そうだよなぁ、良くやってるよな、自分。

それだけでも、明日からの活力が湧いてくるかもしれません。

自分の頑張りを、まず認めてあげるのは、自分であっていいと思いませんか ^ ^

使用済み 駅伝観戦